背守りを縫う

ao 代官山 × むすびcafé 「背守りを縫う」

背守りを縫う

赤ちゃんの健康を願って、国産ガーゼブランド「ao」の産着に、背守りを縫いつけていただきます

  • 日時:2014年7月27日(日) ①10:30〜 ②14:00〜(約2時間)
  • 定員:各回10名程度
  • 場所:むすびcafé(川越氷川神社)
  • 料金:5,500円(税込) 産着代+受講費+材料費+お飲物代を含む
  • 講師:下中菜穂 (造形作家・東京造形大学講師)

「背守り」とは

背守りを縫う

子どもの着物の背中に縫いつけた、魔除けのしるしです。
昔の人は「目」に邪を祓う力があると信じてきました。着物の縫い「目」もそのひとつ。その小ささ故、反物1枚でできてしまう子どもの着物の背中には縫い目がなく、そこから魔物が入ったり、魂が抜け出ることを心配した母親たちは、わざと縫い「目」をつけました。ひと針ひと針縫いつけていく背守りは、子を想う親の祈りのかたちなのです。

ao 代官山の産着

背守りを縫う

目の細かい二重ガーゼを使用。ふんわりと優しく赤ちゃんを包みます。国産のコットン素材なので素肌にも安心です。(1枚:2700円)

お申し込み

お電話又はメールにて以下の内容をお伝えください
[ お名前/お電話番号/メールアドレス ]
 
支払:当日現金にてお願いいたします
変更キャンセル:お申し込みの3日前までにご連絡ください
問合先:049−226−1260 info@musubicafe.com
川越市宮下町2-11氷川会館1F むすびcafé 齊藤

背守りを縫う

|||