お食い初めの器

    赤ちゃんにとって、はじめての食器。
    川越の陶芸家 石川覚子さんが使いやすさを工夫しながら、ひとつひとつ丁寧に作りました。成長を一緒に見守る、優しいお食い初めの器です。

    お食い初めとは、赤ちゃんが生まれて百日を迎えたときに行う伝統的な儀式です。「食べる物に一生困ることがないように」と願い、家族そろって子供の健やかな成長を祈ります。

    お食い初めの器
    お食い初めの器
    ◎「丈夫な歯が生えますように」と願いを込めて用意する歯固め石。
    歯固め石をのせる手塩皿は6種類の中からお選びいただけます。

    お食い初めの器
    お食い初めの器
    成長してからは普段のお食事用として。ずっと寄り添う器です。
    重ねて仕舞うことも出来ます。

    お食い初めの器一式8800円(税込9504円)
    ◎お盆、歯固め石は含まれません