桜苗木

    さくらさく。春をまつココロ。
    桜の苗木を和紙と麻苧でととのえ、結び桜の紋切をそえました。
    神が宿る木とされ、古より人々に愛でられてきた桜。五穀豊穣、
    幸を祝うお花見は、現代にもつづく日本の美しい風習です。

    桜苗木
    桜苗木

    〜桜苗木の育て方〜

    ◯室内の場合
    桜の苗木は日光が大好きです。
    陽が入る窓際の明るい場所に置いてください。
    風通しがよい場所がおすすめです。
    乾燥は好みません。冷暖房が直接あたらないようにしてください。
    室内で育てる場合も、日中少し外に出してあげるとより良い環境になります。

    ◯屋外の場合
    寒さにはある程度の耐久性があります。
    ただし、室内にあった苗ですので、急に外にだすと
    桜が驚き、花が咲く時期が遅れることがあります。
    一日に何時間かずつ外に出し、外の環境に慣れさせましょう。
    家の軒下など、霜があたらない場所がおすすめです。

    ◯水やり
    水の量は、置く場所などの環境により変わるので、
    表面の土を指で触り、乾いていたらたっぷりと水をあげてください。
    下の受け皿に水が出てくる位が目安です。
    受け皿に溜まった水は捨ててください。
    水をあげる頻度が多すぎると、根が腐ってしまう事があります。
    包みの和紙とフィルムを剥がすと蒸れにくく、育てやすくなります。

    ◯開花
    蕾が乾燥すると固くなって花が咲きにくくなりますので、
    早く咲かせたい時は、週に一回程度、少量の霧吹きをかけます。
    三月中旬〜下旬には咲き始めます。
    開花中は水を切らさないように気をつけてください。

    きれいな花が咲きますように。

    品種:御殿場桜

    2,000円(税込2,160円)

    ||