背守りを縫うワークショップ 平成29年

    背守りを縫うワークショップ

    背守り(せまもり)」とは 子どもの着物の背中に縫いつけた、魔除けのしるし。昔の人は「目」に邪を祓う力があると信じてきました。着物の縫い「目」もそのひとつ。その小ささ故、反物1枚でできてしまう子どもの着物の背中には縫い目がありません。背中から魔物が入ったり、魂が抜け出ることを心配した母親達は、わざと縫い「目」をつけました。ひと針ひと針「縫い目」をつけていく背守りは、子を想う親の祈りのかたちです。

    子どもの健康を願い、文様を縫いつけていただきます。国産ガーゼブランド「ao」のふんわりとやさしいガーゼ商品二種からお選びいただけます。

    背守りを縫うワークショップ

    日程:平成29年3月12日(日)
    講師:下中菜穂(造形作家・東京造形大学講師)
    時間:①10時30分→12時30分 ②14時→16時
    人数:各回 8名
    受講費:(材料費込み・ちいさなおやつ付)
    赤ちゃん用肌着…5500 円(税込)
    ふろしき…………4900 円(税込)
     
    ◯赤ちゃん用肌着・・・size:50cm/白/綿100%(日本製)
    ◯ふろしき・・・size:約65×65cm/生成色/赤タッセル/綿100%(日本製)
     
    お支払:当日現金にてお支払いください。
     
    持ちもの:特にございません。針仕事をいたしますので、眼鏡など必要な方はお持ちください。
    受付:各回開始15分前までに、むすびcafe店頭にてお済ませください。
     
    ご予約:専用フォームよりお申し込みください。
    RESERVA予約システムから予約する
     
    針を使用する為、乳幼児・お子様連れでのご参加はご遠慮いただいております。
    見学のみのご参加はできません。ご了承ください。

    キャンセルについて:材料準備等の都合上、一週間前の平成29年3月5日(日)以降のキャンセルは、全額お支払いいただきます。

    下中菜穂 » http://www007.upp.so-net.ne.jp/xpl/index.htm
    ao » http://www.ao-daikanyama.com


    ワークショップレポート

    平成29年3月12日(日)。むすびcafé 店内にて「背守りを縫う」ワークショップが行われました。

    背守りを縫うワークショップレポート

    今回ご参加いただいたほとんどの方が、妊娠中であったり、娘さんが妊娠中のお母様であったり、幼子がいる母親達など。お母様と妊娠中の娘さんの親子参加の方もいらっしゃり、三代にわたる命のつながりも感じられました。これから生まれでる新しい命へ、生まれたばかりの初々しい存在へ。お子様への深い愛情と健やかな成長への祈りに満ちていました。

    背守りを縫うワークショップレポート
    背守りを縫うワークショップレポート
    背守りを縫うワークショップレポート

    背守りとは、子どもの健やかな成長を祈り、その着物に文様を刺繍した魔除けのおまじないでした。 今よりもずっとお産や子育てが命に関わるものだった時代には、子の誕生を祝い、そして健やかな成長を願いさまざまな魔除けのおまじないがなされたといいます。「邪気や魔物が背中から子どもの命を吸い取ってしまう」…そんなお話が信じられていた時代です。でも今でも体調が悪いときや嫌な思いをした時など、首筋がぞくぞくっとすることを考えるとそれもなんだかうなずけます。大切な子どもの命が取られないよう、背中を守り、監視する「目」を。そう考えた母親達は子ども達の小さな着物にわざと縫い「目」をつけたのでした。

    背守りを縫うワークショップレポート

    針を持つ時間はすなわち祈り時間でもあります。当時の母親達が当たり前に実は無意識に持っていたであろうその優しい時間は、時代とともに忘れられてしまいがちなのも事実。このワークショップの場を通じて、自分の目で見て知り、肌で感じ、今度は自分たちの言葉で自らの子ども達に伝えること。伝え繋いでゆくことが大切だと、講師の下中さんは語ります。

    背守りを縫うワークショップレポート

    背守りを縫うワークショップレポート

    ワークショップは文様が描かれた型紙を色紙にあて、その色紙に縫い目をつけてゆく手慣らしの後、ご自分が選ばれた肌着やふろしきに実際の縫い目をつけていただくものでした。

    背守りを縫うワークショップレポート

    背守りの意味、文様ひとつひとつに意味があるというお話、次々に広げられていくたくさんの「縫い目」の見本を前に、皆さんはひとつひとつ丁寧にうなずかれ、それぞれの願いを込めて文様を選び、糸の運びに苦心しながらもひと針ひと針刺していく。時が立つにつれ皆さんの表情もどんどん柔らかく優しくなってゆくようでした。

    背守りを縫うワークショップレポート

    優しいあたたかな時が共有できましたこと、ありがとうございました。

    ||||