むすびcaféの本の贈りもの展

むすびcaféの本の贈りもの展

2015年 10月21日(水)〜11月9日(月)
 
人生の節目を祝い、季節を愛でる。人生儀礼や歳時記、おめでたい文様等日本の暮らしにまつわる本を集めました。
◎本はお買い求めいただけます
 
 

もんきりのこと
 
江戸時代から伝わる遊び「もんきりあそび」。紙を折り、型にそって切る。そっと開くとそこには美しい文様があらわれます。ひとつひとつに意味がある、日本のかたちです。

贈りものやお手紙にそっと添えても。造形作家の下中菜穂さんが型紙を起こし、色紙とともにまとめたもんきりのセットや、暮らしの中で使える実用集を集めました。

むすびcaféの本の贈りもの展
熨斗(のし)のように紋だけを添えても、メッセカードとしてもお使いいただけます。
もんきりのし 500円(税込540円)
 
〈写真の紋〉
南天車—なんてんぐるま—
寂しい冬景色の中で、鮮やかな赤い実をつける南天。「南天=難を転ずる」と読めるという縁起の良さから、江戸時代に盛んに栽培されました。家の鬼門や玄関先に植えて厄除けとしました。赤飯の上に裏返した葉を添えたり、南天を描いた掛け紙をするのもこのためです。
「もんきりのし」南天車より 下中菜穂

くらしのこと
 
むすびcaféの本の贈りもの展
イラストレーター平野恵理子さんのかわいいイラストと文章で、日本のしきたりや年中行事がわかりやすく描かれています。知ることで日々が豊かに、気持ちが優しくなれる書籍です。
 
物を贈る際の礼法「折形」や暦にまつわる本もございます。

||||||