「お米を炊く」ワークショップ

ビジョングラスとお米展

11月23日(祝)勤労感謝の日。
神社ではその年に収穫した新穀を神様にお供えして
感謝を捧げる「新嘗祭」が行われます。
自然の恵みに感謝しつつ、「米をご飯にして食べる」という
シンプルな営みをこの機会に考えてみませんか?

インド発「VISION GLASS」のガラスのうつわとアルコールランプを使い、
実際にお米を「炊いて」お召し上がりいただきます。
◎グラスはお持ち帰りいただけます。

当日は五ツ星お米マイスターの金子真人さんにお越しいただき、
お米にまつわるお話もしていただきます。
お米に関して聞いてみたいことがある方はこの機会にぜひ。

金子真人 五ツ星お米マイスター
全国の産地を訪ね、田んぼを取り巻く環境、栽培方法、生産者のお米に対する想いを日々おいしいお米をとともに消費者へ届ける。お米コンテスト審査員、テレビやラジオでの講演、食育活動、世界に向けてお米の普及活動など幅広く活躍中。
金子商店HP  » http://www.kaneko-shouten.co.jp

受講費 お一人 2000円(税込)ちいさなおかずとお味噌汁付
日にち 11月23日(祝)
時間 10:30~12:00 13:30~15:00 (各回約1時間半)
人数 定員8名
受付 お電話もしくはメールにてお問い合わせください。
049-226-1260/info@musubicafe.com 担当 齊藤

※キャンセルについて
材料準備等の都合上、一週間前までにお電話でご連絡ください。
それ以降のキャンセルは、ワークショップ代金を全額お支払いいただきます。
ご了承ください。

イメージ

»「にほんのお米をいただく。ヴィジョングラスを楽しむ。」展

 


ワークショップレポート

11月23日(月・祝)むすびcafé店内で「お米を炊く」ワークショップが開催されました。

「お米を炊く」ワークショップレポート

今回のワークショップは耐熱性のあるグラスとアルコールランプをつかって、お米をご飯にするといういたってシンプルなもの。ですが、シンプルなものこそ奥深いのです。

炊飯の手順は、洗米・浸漬・沸騰・蒸らし、そして美味しく食べるの5つ。
ゲストに五ツ星お米マイスターの金子真人さんをお呼びして、お米にまつわるあらゆるお話を交えながら目の前で炊飯を体験していただきました。

「お米を炊く」ワークショップレポート

11月23日勤労感謝の日は、もともと神社でその年の新穀を神様にお供えし,
感謝を捧げる「新嘗祭(にいなめさい)」が斎行される日。日本人にとってとても大切な日です。(ワークショップでは実際に神様にお供えしたお米を皆さんに召し上がっていただきました)
弥生時代が始まりとされてきた日本の稲作文化は、実は縄文時代後期の約3000年も前から続いてきたのだそう。古代より日本人の最重要課題はいかにお米を多く収穫するか、でした。それはイコール命に繋がっているから。

「お米を炊く」ワークショップレポート
※稲穂から、籾を手でむいて玄米へ、さらに磨いて白米へ。一粒のお米を取り出すことの手間と大変さを実感します。でも手の中に残るその白米はまっしろでとても綺麗なのでした。

「お米を炊く」ワークショップレポート

日本の食の中心にあるお米。ひとくちにお米といっても様々な品種がり、登録品種で700種、その中で実際に流通しているのは260種もあるのだそうです。生産者のこだわりや愛情がたくさんつまったお米です。ところが実際には若い人を中心にお米を食べる人が減ってきているとも言われています。

「若い人にこそお米をたくさん食べて欲しい。お米は健康的美容的な身体づくりには欠かせないんです。」と五ツ星お米マイスターの金子さん。

お米(炭水化物)を食べると太る、と思われている方も多いと思います。が、ダイエットを含む人間の美しい身体づくりに欠かせないのはまずは体力づくり。お米は水だけで炊いているので、無駄な脂質をとることなくエネルギー源を確保できます。また、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖も含んでいるため、お米を食べることで脳の動きが活発になり、テキパキと身体を動かすことが出来る。ゆっくり噛んで食べれば消化もよく、素肌のつやも増してきます。

「お米を炊く」ワークショップレポート

そんなお米の良いことを聞いているうちにお米がご飯へと炊きあがります。炊きたてのお米はつやつやと輝き一粒一粒がたっています。
炊きたての新米を食べられる幸せ。みなさん美味しそうに炊きあがりました。

お米を食べる、古来より日本人が当たり前にしてきた行為ですが、
なにかしら感じるきっかけになれば嬉しいと思います。

「お米を炊く」ワークショップレポート

▶五ツ星お米マイスターのいるお店→金子商店
▶今回使用したグラス→ヴィジョングラス

参加者の皆さまからのワークショップの感想をご紹介します

マイスターの貴重なお話が楽しかったです。体があたたまりました。

いっぱい勉強になりました。楽しかったです。

美味しくお米の炊き方が学べて良かった。子どもたちにお米が炊きあがるまで見て勉強できたのでとても良かったです。
シンプルなお米をすみずみまで堪能でき、ほっこりとした時間を過ごすことが出来ました。金子さんのお話もとても興味深くもっといろんなお話を聞いてみたいです。

お米のことがたくさんしれて楽しかった。

大変楽しみました。ありがとうございます。細く様々な知識が得られて良かったです。

理科の実験感覚でできた楽しみと、おいしいという楽しみが味わえて素敵なワークショップでした、制作のヒントになりました。知識もたくさん教わって覚え切れませんでしたが、ホントに充実した一時間でした。

あいまいな情報しか知らなかったので、はっきり理由も含めて聞けて為になりました。(一番はお米が美味しかった事です)

美味しいご飯の炊き方が分かりました。

何気なく食べていたお米でしたが愛着がわきました。ごくたまに土鍋で炊きますがその頻度もふやしてみよう。

とても楽しかったです。お話がとても分かりやすかったです。帰ってお米を炊くのが楽しみです。

||||